炭水化物ダイエットのメニュー作りのポイント

Posted on

「炭水化物ダイエット」をする場合、いきなり炭水化物を減らすというのではなく、段階を経て炭水化物の量を制限していく様にしましょう。

炭水化物というのは、ご飯や麺類などに当たるので、これらの制限をするというのはとても辛いことでもあります。

ご飯を食べないと満腹感も得られないなど、ストレスになりやすいので注意が必要です。

炭水化物を制限するには、代用品を使ったメニューを考えてみるといいでしょう。

体の健康を一番に考え、無理のない食事かつバランスの良い食事にすることが必要です。

うどんやパスタのかわりに春雨を利用する、ご飯の変わりに豆腐などの大豆食品を摂る様にするなどの工夫がお勧めです。

「炭水化物ダイエット」となると、ご飯や麺類を抜いて、おかずだけを食べるというイメージがありますが、油や砂糖を使用することで糖質を多く摂取することになりますので控える様にしましょう。

油で炒めるより、蒸す、茹でるという調理法がお勧めです。

●詳しくはこちら→http://news.livedoor.com/article/detail/11177871/

肉料理を食べたい場合は、鶏肉がお勧めで、特にささみは高タンパクで脂肪分も少なく、栄養もあって太りにくいのでダイエット中にはお勧めの食材です。

「炭水化物ダイエット」の際のメニューを作る時には、材料で工夫して空腹感を失くせる様にすること、一日の食事を通して栄養バランスが良くなる様にするといいでしょう。

野菜やキノコ類、海草類など食物繊維の多い食材をできるだけ使用すると、より効果的な食事となります。